体験

【どうしたらいい!?】ATMに下ろした現金を忘れた・・・

私、恐ろしいミスをしました。

現場は某所のショッピングモール。

ATMでお金を下ろし、その6万円を機械から取らずに立ち去ってしまったのです。

ばかばかっ、私のバカッ!!

現金をATMに置き忘れた私がとった行動

やばい。とりあえず急いでATMに猛ダッシュ!

これから無職になる人間にとって、6万円という金額はあまりにも大きい。

しかし、お金を下ろしてからすでに1時間が経過しています。(気づけ・・・)

とりあえず猛ダッシュしますよね・・・!

ATMに走ると幸いなことに、機械の上に現金が置いて・・・

・・・あるはずもなく、いつもどおり淡々と動き続ける機械がそこにありました。

店員さんに確認。「現金、届いていませんか」

私は性善説を支持しているので、善良なお客さんが届けてくれている可能性に賭けました。

届けるとしたら、ここだ!

ということで、現場に一番近いコーナーの店員さんに確認。

「そういったことは聞いていませんね・・・」

サービスカウンターにも連絡してくれましたが、そのような届けはなし。

失意の中、私はコーナーを後にしました・・・

最後の悪あがき。通帳記入で希望を断ち切る

私の6万円。愛しの6万円・・・。

涙を拭うための儀式として、もう一度記帳することにしました。

すると、なんということでしょう!

引き出しが、取り消されているーーー!!!

6万円、なくならなかった!わーい!わーい!

 

どうやら、一定時間が経過したため取り出し口が自動的に閉まり、現金が口座に戻されていたようです。

ATMは、現金の取り忘れを想定して作られているんだね。

さすが、リスクヘッジが手堅ーーい!

ATMの引き出し口にお金を忘れたときのベストな動き

現金を取り忘れて絶望の淵に立たされたときは、冷静に次のような行動をしましょう。

① 早急にATMへ戻る
② 機械の上と隙間、設置してある封筒、その他を徹底的に探す
③ 近くの店員さんに現金の忘れ物が届いていないか確認
④ 再びATMに戻って記帳してみる

⑤ 金融機関に連絡してみる(諦めの儀式)

私の場合、後ろに誰も並んでいなかったのが不幸中の幸いです。

もし私のすぐ後ろに人が並んでいて、しかも善人でなかったら、きっとネコババされていたことでしょう・・・

お金には名前が書いてありませんからね・・・

まとめ:ATMの現金を取り忘れないようにしよう

ごく当然のことですね!うん!!

「取り忘れにご注意ください」の音声は鳴っていたのでしょうが、通帳の中身を確認していたため注意力が散漫になっていました。

あぁ、こわいこわい・・・

みなさんも、現金の取り忘れにはご注意ください!

ABOUT ME
aoba_i
札幌市在住、1990年生まれ。某市役所職員を退職したのち、独立を目指しライティングを勉強し始める。ブログ「青葉の橋涼み」を開設し、毎日が少しラクになる手助けを掲載。また、お豆腐メンタルさん応援ブロガーとして活動中。