体験

【行ってきた】圧巻!画家・カラヴァッジョ展@北海道立近代美術館

道立近代美術館の「カラヴァッジョ展」に行ってきました!

カラヴァッジョといえば、16世紀末に彗星のごとく現れた奇才の画家。

キリスト教やギリシャ神話をモチーフにした作品は圧巻です・・・!

暴れん坊画家・カラヴァッジョの魅力3つ

カラヴァッジョは何度も警察沙汰を起こし、ついには人殺し、からの逃亡。

流浪しながら作品を描き続け、38歳にしてその波乱に満ちた人生を終えました・・・って

ただの荒れくれ者じゃないか・・・!(ドン引き)

魅力① 乱暴で情熱的な画家人生

あちこちで宣伝されていましたが、私はたまたま新聞の特集を読みましたが・・・

心温まるエピソードはひとつも出てきません。(笑)

 

果てには殺人罪で死刑判決、しかも逃亡。

しかし、彼は逃げながらも絵を描き続けたんですねー。

作品からは、絵を描くことに対する並々ならぬ執着を感じられました。

逃亡中も道具を持ち歩いたのでしょうか・・・あの状況で絵を描こうとするなんて、すごいことです。

魅力② 劇的かつ写実的な作品

写真で見ても迫力がある作品の数々。※トレースしました。メデューサの目は自粛(笑)

キャンバスの中で、ことあるごとに誰かが首を斬られています・・・

血なまぐさい作品の多いこと、多いこと!

リアルよりもリアリティがある画風なので、体ごと引きずり込まれそうな凄味がある。

魅力③ 作品にまつわる彼自身のエピソード

画風にカラヴァッジョの実生活が反映されていて興味深いんです。

葡萄を持っている青年は、「病めるバッカス」という作品。※トレースしました。

私は「どこがどう病んでるんだ??」とキョトンだったんですが、展示に行って理解しました。

創作の背景に気づいた瞬間って、なんかゾクゾクしちゃいます!

初見でも楽しめる!充実の音声ガイドと限定グッズ

音声ガイドを借りよう!

解説が一点一点に添えてありますが、字が多くて読んでられません。

音声ガイドなら鑑賞のポイントを聴きながら歩けるので、作品に没頭することができました。

 

ナレーターは俳優の田辺誠一さん。

さらに、作品の隣にはヤマザキマリさんが書いた一口メモも。

 

ああ、手厚いなぁ、豪華だなぁ・・・!

味のある限定グッズをゲット!

作品のマグネットやポストカード、クリアホルダーなどが販売されています。

右側が、田辺さんが描いたカラヴァッジョのキーホルダー。

田辺さんの下手ウマなイラストが、カラヴァッジョの激しさを消し飛ばしていますね(笑)

お気に入りです!

ヤマザキマリさんのイケメン・カラヴァッジョグッズも販売されていますよ。

ファンの方、お好みに合わせてお選びください!

芸術の秋。画家カラヴァッジョの世界を体感しに行こう!

聞いたことのない画家の展示は滅多に観に行きませんが、カラヴァッジョ自身に強烈に惹かれてしまい・・・

なんとなく観に行った結果、私は「来てよかったー!」と感激しました。

 

「美術館って退屈・・・」という方も多いと思いますが、カラヴァッジョについてはインパクトが大きいので飽きないと思います。

少しでも気になったら、実物を観に行きましょー!

 

詳細は公式ホームページをご覧ください!

http://m-caravaggio.jp/index.html

 

北海道立近代美術館の展示は2019年10月14日(月・祝)まで!

会場
北海道立近代美術館
札幌市中央区北1条西17丁目  TEL 011-644-6882
開館時間
午前9時30分~午後5時(入場は午後4時30分まで)
※ 9月の金曜日は午後7時30分まで(入場は午後7時まで)
休館日
祝日を除く月曜日
9/17(火)、9/24(火)

注意!

道立近代美術館では作品の到着が遅れており、8点が未展示となっています。(9月12日現在)

作品の到着後、観覧後の半券を提示すれば再度観覧できるようです。

 

ABOUT ME
aoba_i
札幌市在住、1990年生まれ。某市役所職員を退職したのち、独立を目指しライティングを勉強し始める。ブログ「青葉の橋涼み」を開設し、毎日が少しラクになる手助けを掲載。また、お豆腐メンタルさん応援ブロガーとして活動中。